転職活動を有利に進めるために

今勤務している会社に不満や不安を抱えている状態から抜けだしたくて転職を考える人がほとんどだと思いますが、転職を成功させるか失敗させるかは自分の決意にかかっているといっても過言ではありません。
なんとなく退職してしまっては辞め癖が付いてしまうといった話は聞いたことがあるかもしれませんが、転職してからの次の就職先に入ったときと入る前にいかに準備ができるかが鍵となります。日本では転職回数が多い人をプラスの評価で見る会社はほとんどありません。
ですが、退職した理由が前向きな人であれば次の就職先でも活躍が見込めれば受け入れてくれます。これがまずはできていない人が多いと感じます。そして自分のスキル(どんな会社でも通じるスキル)を伝えられる人が少ないように感じます。新卒を会社が採用するのは「未来の可能性」に賭けているのであって、中途は即戦力が求められています。
この即戦力の部分をいかに第三者にわかりやすく伝えることができるのかが重要なのです。転職活動に成功する人は自分をどうアピールすればいいのか知っています。
なので多少のハンデなどがあっても企業から求められる人材なので長い期間の転職活動が必要にならないのです。

第二新卒の転職活動

転職の経験は1回です。
新卒で入社した会社を2年ほどで退職をしました。
必ず聞かれたら内容は「どうしてこんなに早く退職しようと思ったんですか?」です。 本当は、休日の少なさや給料の不満から来ている退職だったのですが、スキルもそこまであるとは言えない立場だったので、スキルアップを理由にしていました。
その後は「スキルアップを考えるきっかけになった出来事」「この先どういうステップでスキルを磨きたいか」などを言い、面接官の方には納得してもらえました。
退職理由は人によって様々ですが、「会社が合わなかった」「給料に不満があった」など、マイナスな内容を言うのは避けたほうが良いかと思います。 新卒入社で社歴2年での転職は第二新卒に分類されるのですが、社会から見たら私のような人間はまだまだヒヨコです。
でも、ヒヨコだからと言って自分の価値を下げるようなことはしないようにしましょう。 「「スキルはないけど、これから身につけます!」と将来の希望を持たせられるのは第二新卒の特権でもあります。 退職理由はどうあれ、今まで自分が身につけてきたものは無駄なものではありませんので、「私のこと採用しないの?勿体無い!」くらいの勢いで転職活動を行いましょう。